読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばあさん猫・ムニとヒトミと、ちょっとグーちゃん

今から18年前、東京からイタリアのトリノへ移り住んだ私と愛猫ム二とヒトミ。今では21歳を超えた二匹たちとの暮らしぶりや、老猫介護苦労話、新しくやって来たラブラドールのグーちゃんとの楽しくて切ない記録です。

ヒーちゃんがやってきた

ムニがいなくなってしまって、ヒトミはとても寂しそうだ。

1993年12月30日生まれの白黒猫ヒーちゃんことヒトミは、
去年の年末に21歳になったばかりのおばあちゃんだ。

ムニがわが家へ来て半年、可愛い盛りの子猫が
すっかり私に懐いてしまったのを見た当時の私の同居人は
「オレも、オレの猫が欲しいなあ」なんて言い出した。
私も、ムニちゃんの遊び相手がいたら可愛いだろうなあ、
遊べ遊べと言われなくなって楽だろうなあ、と思い
(その思惑は思いっきりはずれ、遊ベ遊べ攻撃は
単に2倍になるだけだったのだが…)
早速、当時働いていたMハウスという出版社の隣の本屋へ行って
猫の雑誌を手に取った。

ペットショップへ行って猫を買おうという感覚は私にはなく、
インターネットもなかった当時、雑誌の
「あげます」情報を探しに行ったというわけだ。

ページを開くとすぐに、
「白黒ちゃん」「めす」という文字が目に飛び込んできた。
私が心に描いていた条件にぴったりだった。
早速電話をかけると、今はまだ生まれたばかりなので、
2ヶ月頃に成長したら差し上げますので
取りにきてください、ということだった。

ところがそれから一ヶ月ほどした頃、猫の飼い主から電話がきて、
お母さん猫が病気で育児ができないので、
すぐに引き取りにきて欲しいと言う。
喜び勇んで出かけて行ったそのアパートの一室には、
畳と板の間のたった1センチほどの段差でコロン、
と転んだりしている毛糸玉みたいな子猫たちが
5-6匹うにょうにょ歩いていた。

「宮本さんは、この子ですね」と抱かされた白黒ちゃんの顔を見て、
私は愕然とした。だってとっても不細工だったのだ。
他の兄弟姉妹は、ムニに負けないぐらいカワイコちゃんばかりなのに、
なぜかその子だけ、目ばかりギョロッと大きくて、
鼻が潰れたような、変な顔だ。おまけに白黒の顔の、黒の割合が
大き過ぎて、まるで黒いヘルメットでもかぶっているみたい。

「あのー、他の子じゃダメですかね?」と恐る恐る聞くと
あら、宮本さんは白黒って言ったじゃないですか、
白黒はこの子だけですから、とけんもほろろに断られたので、
仕方なく、その子をもらって帰った。

その日はとても寒い日だったので、着ていたダッフルコートの
ポケットに入れてみたら、すっぽり入ってしまったほど、
その子はとても小さくて、頼りなげだった。

こうしてヒトミは私の家の子になった。

以来21年間、ずっとムニと一緒に暮らして
おばあさん猫になったヒトミは今、
隣にムニがいないことをじっと、噛み締めて、
なにか考えているように見える。

いつもなら、昼間はひなたぼっこしながら
能天気にお腹を上にして昼寝をしているのに、
ムニがいなくなってからは、そんなリラックススタイルは
とらずにじっと、寝床で座っている。

f:id:muni_hitomi:20150205034110j:plain