おばあさん猫・ムニとヒトミと、ちょっとグーちゃん

今から18年前、東京からイタリアのトリノへ移り住んだ私と愛猫ム二とヒトミ。今では21歳を超えた二匹たちとの暮らしぶりや、老猫介護苦労話、新しくやって来たラブラドールのグーちゃんとの楽しくて切ない記録です。

三角関係#1

生後一ヶ月でお母さんと別れてわが家へやって来たヒトミは、
おしっこも上手にできないし、猫社会の常識も
何も身につけていなかった。だから21歳になった今、
りっぱな大人の猫として暮らしているのは、
ムニ姉さんの厳しい指導のおかげである。


だからかどうかは知らないが、ヒトミはムニを
姉とも母とも慕って、ずっと仲良く暮らしてきた。
子供時代はもちろん、成長してムニより図体が
でっかくなってからも、ムニのお腹に顔を埋ずめて
グルグルいいながらおっぱいを吸っていた。

f:id:muni_hitomi:20150211035043j:plain


大きくなるとすぐに避妊手術を受けさせてあったムニは、
ヒトミがお腹に顔を押し付けるたびに
「ちっ、言っとくけどあたしゃ処女なんだよ、
おっぱいなんか出やしないよ」とでも言いたげな顔をしつつ、
ドサッと横になっておっぱいを吸いやすいようにしてやったりした。

それは2匹がかなり年をとるまで続けていたように思う。
ここ数年はおっぱいこそ吸わなくなったものの、
いつだって二匹重なりあうようにくっついて暮らしていた。

そんな仲好しの2匹に重大な秘密があることに気づいたのは、
けっこう最近のことだ。

ヒトミは私に抱っこされるのが嫌いでしょうがない。
無理矢理抱き上げると、ギャオウ~、と身をよじって嫌がる。
いったいなんで、こんなに抱っこが嫌いなんだ。
私がそんなに嫌いなのか。
小さい時は首の上で寝ていたりしたじゃない、
と悩んでいたある日。

f:id:muni_hitomi:20150211035027j:plain

見ちゃったのである。

私がヒーちゃんを抱っこして遊んだ(嫌がらせした?)後、
ムニがヒトミをしばいているのを。

ムニは顔を斜めにかしげ、ウウ~と唸りながら、
それはそれは恐ろしい形相でヒトミを睨みつけている。
まるでその筋の怖いお兄さんが
「おい、われ、誰に断ってさやかちゃんに
抱っこされとんのじゃ、ああ?」とかなんとか言ってるみたい。
そしてバシッ。猫平手打ちをヒトミの顔面にお見舞いしたのである。

f:id:muni_hitomi:20150211034833j:plain


いつだってエレガントに身をこなし、
大きくてきれいな目で私を見つめ、ニャーン、
ときれいな声で返事をする可愛いムニが、実は暴力猫だったとは!!

私が抱き上げるたびにヒトミがギャオウ~、と叫んでいたのは、
「お願いです、さやかさん、ムニちゃんに叱られますから」
という懇願の叫びだったとは!

ムニの名誉のために繰り返すが、
ムニはヒトミをとても可愛がっている、
私が間に入りさえしなければ。
こんなに愛されて飼い猫冥利に尽きる、
と喜んでいいのかどうか、複雑な心境でありました。