読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばあさん猫・ムニとヒトミと、ちょっとグーちゃん

今から18年前、東京からイタリアのトリノへ移り住んだ私と愛猫ム二とヒトミ。今では21歳を超えた二匹たちとの暮らしぶりや、老猫介護苦労話、新しくやって来たラブラドールのグーちゃんとの楽しくて切ない記録です。

つらいひーちゃん

f:id:muni_hitomi:20150402044715j:plain

生後一ヶ月で我が家へやって来て以来、
2ヶ月前にムニが亡くなるまで、
ずっとムニと一緒だったひーちゃんは今、
21年間の人生で初めてひとりぼっちの日々を体験している。

ひーちゃんは一日中のほとんどを、
ベッドルームの窓際においたカゴの中で、
寝たり、外を眺めたりして過ごしている。
だからベッドルームに用があって行くたびに、
またはわざわざ出向いて行って、私はできるだけ
ちょっかいを出すことにしている。
寂しそうだからというだけでなく、
老猫はなるべくかまったほうがいいと
何かの本で読んだことがあるからだ。
気持ちよさそうに寝ているからって、
そっとしておいてばかりいると
ボケたり衰弱したりが早まるのだと書いてあった。

でも、かまうと言ったって、もう何年も前から
「遊ぶ」ことはしなくなっているから、
話しかけるとか、撫でるとか、抱っこするとか。

でもヒトミはなにせ、私に抱かれるのは嫌、
という習性が身に染み付いている
抱き上げると、ゴロゴロいうこともたまにはあるが
何秒もしないうちに「あ、間違えたっ!」といった風情で
嫌そうな声を出し始め、それでも無理矢理
ギュウギュウ抱っこし続けていると、
シャーっという威嚇声を出す。
ま、彼女の場合、シャーっというのは口だけで
猫パンチも噛み付きも出てこないから
全然怖くないんだけど。

それで私もなんとなくしらけてしまい、
すぐにかまうのをやめてしまう。

ムニがいた頃は3人仲良くしていたのに。
夜、私がベッドに入るとムニはすぐに布団の中にやってきては
私に甘えていたけれど、ひーちゃんはひーちゃんで
ベッドのそばにおいたカゴに好きなように寝っころがり、
私は時々手を伸ばして、そんなヒーちゃんの背中を
撫でたりマッサージしながら本を読んだりしていた。
そしてしばらくするとムニは布団から出て、
ひーちゃんの寝ているカゴに寝に行く。
二匹重なるようにゴロゴロいいながら、
いつも私のそばにいた。とても幸せだったなあ。

でも今はなんだかうまくいかない。
妻(ムニ)が急に死んでしまって、今まで家庭のことすべて
妻にまかせていた父(私)は、小さな息子(ひーちゃん)と
どう接していいかわからず、
ギクシャクした関係を必死につないでいる、
なんだかそんな感じの私とヒトミなのです。

というわけで、ミラノ空港での再会?の
お話は次回に持ち越し〜!

 

f:id:muni_hitomi:20150402043923j:plain

いっつも一緒だったね

f:id:muni_hitomi:20150402043848j:plain

変な顔になったって

f:id:muni_hitomi:20150402044144j:plain

なぜかガッツポーツしながらでも。